サッカールール変更点について

各国の19-20シーズンが始まり、それに伴いルールの改正も行われました。
Jリーグにも適応されているのですが、サッカーを見るにあたってこれだけは知っておくべき改正点をまとめました。

・キックオフ時、コイントスに勝ったチームはボールか陣地を選ぶ事が出来る。

・ドロップボール時は最後にボールを失ったチームに返す。ドロップ時は他の選手は4m以上離れる

・交代時、選手は審判に指示された場合を除き、最も近い所からフィールドを出なければならない

・ボールが主審に当たり、ゴールしたり、攻守が変わったり、当たった事で新たに攻撃が始まった場合はドロップボールになる。

・ハンドについて
手や腕が肩より上にありそこにボールが触れた場合はハンドになる。
手や腕が自然な位置にある時にボールが他の選手や、自分の身体等に当たり手や腕に当たった場合はハンドにならない。
偶然であっても手や腕に当たって入ったゴールは認められない。
(スライディング時に身体を支える腕や自然に腕を下した状態で至近距離から跳ね返った時等、自然な位置にある時によける事が出来ない場合はハンドにならない。)

・ゴールキック時にボールが蹴られて明らかに動いた場合にペナルティエリアの中に入ってボールを受ける事が出来る。

・FK時に守備側の壁が3人以上いる場合、攻撃側の選手は1m以上離れなければならない。1m以内に入った場合は間接FKになる。

・PK時にゴールキーパーは少なくても片足をゴールライン上に置かなければならない。後方に立つ事やキックされる前にライン上から足が離れた場合は蹴り直しになる。ゴールした場合はゴールが認められる

・FKを与えられたチームがクイックでFKを始めて、得点の機会を場合、プレーが途切れるまでイエロー、レッドカードの提示を待ってもよい

・監督、コーチ等チームスタッフに対してもイエロー、レッドカードを出す事が出来る。不正行為が誰によって行われたか特定できない場合、テクニカルエリア内のより上位のコーチにカードが出される。

・言葉による反則は全て間接FKになる

以上これだけは知っておくべきルール改正でした。
その他のルール改正についてはJFA公式サイトにて↓↓↓
http://www.jfa.jp/laws/

コメント

タイトルとURLをコピーしました