やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

戦術用語解説

サッカー戦術用語解説 ~チャンネル~

投稿日:

チャンネルとは、CBとSBの間のスペースを指します。

固定的な物ではなく変動的に大きくなったり、小さくなったりする物です。
CBが中央に留まりSBが外に開けばチャンネルはどんどん広がります。
逆にSBが中央に絞れば狭くなります。

「チャンネルを使った攻撃」を見ていきましょう。

・パターン1
サイドにボールがでた場面でSBが素早くボールに寄せる事はよくありますよね。

この時、CBがスライドしないと・・・

SB・CB間のチャンネルが開いてしまい、走り込むスペースを作り出す事ができました!
このように、スライドした選手に連動しない守備者がいた場合チャンスですね!

・パターン2
また、FWが下がってボール受ける事も見ますよね。
そのFWにCBがついて行くと・・・

サイドにいた選手が走り込むスペースとパスコースを作り出す事ができました!

このように、チャンネルは左右だけでなく、前後にもずらす事ができ、特にディフェンスラインがナナメになる事はビックチャンスに繋がります。

・パターン3
今度は狭くなる事で起きる現象です。
白の選手が中に入ってきました。
SBの選手は自分のマークなので行きます。
これでは中央を突破する事は難しそうですね。

しかし、後ろにいた白の選手がオーバーラップしてきました!
SBの選手は中に動いてしまったので、追いつくことができずクロスを上げる事ができました!

チャンネルを広げるだけでなく、狭くさせる事でもチャンスを作りだす事ができました!

~まとめ~
・チャンネルはCB間、SB・CB間のスペースの事。
・変動する。
・広げたり、狭くさせる事で攻撃側はチャンスに、守備側はピンチになる。
・ナナメはビッグチャンス!または大ピンチ!

実際の試合ではもっと複雑に選手同士の駆け引きが行われているので、簡単にチャンネルの変化はありませんが、変化の瞬間を見つける事ができれば、「今空いたな」や「チャンネル広げる動き利いてる」等々通ぶれる事間違いなし!!(笑)

-戦術用語解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サッカー戦術用語解説 ~ヘドンド~

ヘドンドは日本語で「丸い」という意味のスペイン語です。ポルトガル訳では、「旋回」という意味です。フットサル用語で、選手がコート内を回るように移動する戦術用語です。 この時ボールと人が逆回転する事でDF …