ジュニアサッカー 3-1-2-1 マッチアップ図

サッカー

8人制ジュニアサッカーのフォーメーション1-3-1-2-1のマッチアップ図です。

対1-3-3-1

インサイドハーフによって中盤のハーフスペースを取れていて、そのまま上がればDFラインのハーフスペースもとる事が出来る。
アンカーが落ちてSBが上がる事で相手FWに2対1、中盤で3対4と数的有利を作る事が出来る。
守備時はSHとSBがいる相手にサイドを取られてしまっている。
FWは攻守孤立しないように注意が必要。

対1-2-3-2

これもインサイドハーフによって中盤のハーフスペースが取れている。
しかしそのまま上がってもDFがいるのでサイドか中央にずれる必要がある。
相手2トップに対してアンカー、GK含め5枚なので、1枚または2枚がポジションを上げる事が出来る。
FWはインサイドハーフとの連携によって中央、サイドに流れインサイドハーフの出てくる場所を作る事が出来る。

対1-2-4-1

お互いにインサイドハーフの優位点が消えてしまう形に。
アンカーがいるのでSBが偽SB化すれば中央を、アンカーが落ちて両SBが上がり、SHの裏を取りたい。
ボールの握り合いが起きるので、守備時の連携が必須。

対1-3-2-2

これもお互いにインサイドハーフの優位点が消える事になる。
前からのプレスを受けやすいので、ビルドアップをどれだけできるかにかかってくる。
中央に選手が集まっているので、中央のスペースのない所を崩すのか、サイドを取るのかによっても状況が変わる。

対1-3-1-2-1

ミラーゲーム。
1つ1つの場面でどちらが勝つのかで優位にゲームを進められるのかが変わる。
アンカーがどう動くのか一番試される形かもしれない。

コメント

  1. […] ジュニアサッカー 3-1-2-1 マッチアップ図 […]

タイトルとURLをコピーしました