やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

プレミアリーグ

トッテナムvsアーセナル

投稿日:

勝ち点4差で迎えたノースロンドンダービー。
負けると3連敗のスパーズ。
勝つと4連勝のアーセナル。



・トッテナム

ケインの復帰
ウェンブリーラストマッチ?

ウィンクス、ダイヤー、アリはケガ

エリクセンがトップ下
ソンフンミン、ホームで4試合連続ゴール中

・アーセナル

ムスタフィの右SB
トップ下ラムジー

エジル、オーバメヤンはベンチスタート

ラカゼットは今季15得点中9得点が決勝点

エメリ対ポチェッティーノ
4勝1分2敗
前半戦は4ー0でアーセナル

~前半~

スパーズが高い位置からのプレッシングからの攻撃で流れを引き寄せる。

ガナーズは守ってカウンターの形。

スパーズは攻撃はできるもソンフンミン、ケインにスペースを与えられず、手詰まりの感に

~アーセナル先制~
モンレアルのクリアボールをサンチェスがクリアミス。
拾ったラカゼットからラムジーへ
冷静にGKを交わしゲット。

スパーズは流れを引き寄せていた中でのミスからの失点。
守備からのファイナルサードまでは作れていたのでもったいないミスだった。

ジャカがエリクセンを監視。
しっかり役割をこなし、エリクセンはほぼボールがこずゲームから消える時間が長かった。
エリクセンが良い形でボールに触れると手詰まり感が解消するのでどれだけエリクセンがボールを持てる形で配給できるか。
ワニャマ、シソッコがキー


そのエリクセンがファールを獲得。
トリッピアーのFKからケインがゴールもオフサイド。
ケインのヘッドは脅威。

ガナーズはブロックを作り対応。
中盤で引っ掻けてカウンター狙い。
シンプルにボックス内で勝負しシュートで終わる良い形。
しかし、ボールを持つ時間が短いのでペースはスパーズペースのまま。



30分頃から徐々にスパーズがエリア内に侵入するも最後のアイディア足りず。

トリッピアーのクロスも弾かれる
高い位置取れてるが、アーセナルの戻りの方が早く、前向きに守備の形を作られる。
アーセナルの切り替えが早くボールホルダーを遅らせる事で全体が戻れている。
スパーズはここを早く展開して、ソンフンミン、ケインにスペースを与えたい。


押し込んだ後に、ボランチがあまり攻撃に関われてない
右で押し込んで、左に展開するにも、中継点にいない事がある。
手詰まりになった時のやり直しができてない。
高い位置からの守備で攻撃に繋げるも、ファイナルサードで手詰まりに。

43分レノのビックセーブ
2連続のシュートをビックセーブ
ゴールして後半に入っていたら流れが完全に傾きかねない中でのビックプレー。



後半

アーセナルは頭からゲンドゥージに代わりトレイラ

ボールをキープできるようになり、少し自分達の時間が作れるように

55分
ラカゼット交代オーバメヤン

ラカゼットは、決定機を外した直後の交代になった。
流れ的に前線にボールが来る回数が少なくタッチ数も少なかった。
守備はファーストプレッシャーやプレスバックで貢献も、FWとしては不完全燃焼。


58分ワニャマ交代ラメラ
エリクセンがボランチ、ラメラトップ下に。
ラメラは自由に動きつつ、ディフェンスを動かす動き。
しかし、その先でスペースができず、連携を狙うもアーセナルの守備を崩せず。
1列下がったエリクセンも、なかなかボールに触れず効果的な攻撃ができない時間が続いた。

71分
ラムジー交代エジル


72分PK
エリクセンのFKからケインがファール貰う
オフサイドだったが・・・
ケインがゴール
流れの中では中々ボールに触れなかったエリクセンだが、FKとなると別。
ピンポイントのボールを供給。

アーセナルは3ー3のブロックを作り前の4枚で攻撃。
攻撃も押し込んだ状態まで持っていくので、トッテナムはジョレンテ投入しシステム変更で対応

78分ソンフンミン交代ジョレンテ

442(ダイヤモンド)
ローズのアンカー



ローズはドリブルで持ち上がるも取られると一気にピンチ
決まればディフェンスが1枚釣り出されるので、効果的だった。

ジョレンテを入れてハイボールを入れるも弾かれる。
押し込まれた状態でのロングボールでセカンドボールも拾えず。

オーバメヤンがエリア内で倒され、アーセナルPKゲット。
ムヒタリアンがフェルトンゲンと入れ替わり、CBの裏のスペースをダイヤゴナルランしたオーバメヤンに付いていったD.サンチェスが倒してしまった。
オーバメヤンの動きはさすが。

D.サンチェスは1点目に続きPKを献上してしまった。

キッカーはオーバメヤン。
これを、ロリスがストップ。
最後はフェルトンゲンがブロック。

ロリスは完全に読みきったストップだった。


95分
トレイラ1発レッドで退場
前回はフェルトンゲンがイエロー2枚で退場したので、2戦続いて退場者がでた。




~戦評~

アーセナル
パスつなぐアーセナルはどこへやら
しっかり守りながら戦えるチームに。
守備ではスペースと時間を2トップに与えず、エリクセンもジャカがしっかりマークすることで、トッテナムのストロングポイントを消す。
攻撃はアウェイのダービーという事でカウンター狙いだったか?
カウンターはシュートで終わるいい形
レノのビックセーブ2発


トッテナム
高い位置からの守備で攻勢にでるも上手く連携できず、攻めあぐねる形に。
エリクセンが消えてしまい、ボランチの中継点も位置が悪く手詰まりになる。
トリッピアーはクロスの精度は高いが、もう少し幅を取ってもよかった。
ソンフンミン、ケインもスペースを与えてもらえずチャンス作れず。
あと1枚交代枠があったので、1人で打開できるルーカスモウラの投入もあるかと思ったが、交代枠は1枚余った状態で試合終了。

ロリスのPKストップはさすが
完全に読みきったプレー。

-プレミアリーグ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プレミアリーグ開幕戦 リヴァプールvsノリッジ

チャンピオンズリーグ優勝のリヴァプールと2部を優勝してプレミアリーグに復帰したノリッジの開幕戦 スタメン等はスポナビリンクへ↓↓↓ https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game …

no image

サッカールール変更点について

各国の19-20シーズンが始まり、それに伴いルールの改正も行われました。Jリーグにも適応されているのですが、サッカーを見るにあたってこれだけは知っておくべき改正点をまとめました。 ・キックオフ時、コイ …

no image

イングランドプレミアリーグ19-20 マンチェスターU vs チェルシー かんたんレビュー

結果は4-0でマンUの勝利。 マンUは4-2-3-1チェルシーも4-2-3-1 チェルシーは繋ぐ意識高い連携して動きもついてるファーストショットはエイブラハムのポスト直撃ビルドアップは2ボランチのボー …