やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

トレーニング

トレーニング案(小学1、2年生)

投稿日:

テーマ「アウトサイド」

・W-UP
「しっぽ取り」
楽しくサッカーをする準備をする。
認知(どこから相手が来ているか)、ステップ、奪いに行く(チャレンジ)

ルール
ビブスをしっぽにして自分のしっぽを守りながら、奪いに行く。
鬼を決めても良いし、全員が取り合っても良い。
ビブスを2、3色にしてチーム戦にしたり(認知的負荷)、コートを大きく(運動量)、または小さくする(連続性)事で、負荷を調整する。

・TR1
「アウトサイドドリル」
*アウトサイドダブル
コーンをジグザグにセットする
同じ足のアウトサイドを2回使って進んでいく。

*8の字アウトサイド
アウトサイドだけで8の字にドリブルする。

アウトサイドでボールを扱う事に慣れていないので、アウトサイドで面を作り過ぎていたり、足だけで回ってしまうので、足首をナナメにする事や、進む方向におへそを向ける等がポイント
神経系のドリルなので、デモ、コーチングだけでなく、実際に選手の足を動かしてあげる事も有効。

・アウトサイドコントロールからのシュート
コーンをDFに見立てる。
コーチからの配給で横からのパスをアウトサイドでコントロールしコーンをワンタッチでかわしてシュートする。
面の作り方、身体の向き、全身使えているか、等がポイント。
逆サイドや、後ろから(DFを背負う)等、パスコースを変える事で場面を変える事が出来る。

TR2
「1対1」→「2対2」
・1対1
コントロールからシュートをDFつきで行う。
スタートはセットした状態からする事で、コントロールに集中してもらう。
これまでのポイントに加えて相手がどこから来ているか?を見る事でコントロールする場所を変える事がポイント。
配給はコントロールしやすいボールから始め慣れてきたら、変える。
場面はゴール前に設定する事で、よりゴールを意識してもらう。
DFになれば、しっかり奪いに行く。
これも、配給場所を変える事で場面を変える事が出来る。

・2対2
自陣からの縦パスがきて、ゴール前で2対2になった場面を想定。
より実戦に近づけた状態でアウトサイドが使えるかを確認する。
DFはしっかり奪いに行く。

ゲーム
1日のトレーニングがどこまで入ったか確認する。
できていたら、特別褒めるとより定着しやすい。

-トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

トレーニングの構成要素

一言で「トレーニング」といっても様々な構成要素が含まれますよね。ここでは「フィジカル」、「テクニック」、「ソーシャル」、「サイコロジカル」の4つ。に分類して構成要素を細分化していきます。細分化する事で …

no image

1対1の構成要素

1対1のトレーニングでの構成要素を考えてみましょう。 「フィジカル」走る、止まる、歩く、体重移動、ターン、サイドステップ、手と腕、バックステップ、ケンケン、身体を預ける 「テクニック」運ぶ、仕掛ける、 …