ルヴァンカップ 第1戦 セレッソ大阪vs松本山雅 戦

J1

ヤンマースタジアム長居
15:00 kickoff
強い雨
*選手配置はかなりうろ覚えです。

松本山雅
J2に降格し監督交代、戦力も大幅に入れ替わる。
セレッソからは囲、森下がレンタルされている。
布新監督はJ3で群馬を率いて2位の成績を残しステップアップ。
群馬は4-2-3-1でザックJAPANのようなチーム。
攻撃は前線が深さを取り、流れてポストプレーでできたスペースにウイングやボランチが入ってくる。
両SBが上がって幅をとり1対1を仕掛けクロスを上げるのが特徴。
守備は前線からサイドに追い込むようにプレスをかけ、そこにもプレッシャーをかけ精度の落ちた縦パスをカットする形を狙っていた。戦術浸透にはまだまだ時間がかかると思われるので、手堅くくると予想。

~スタメン~

セレッソ
4-4-2
木本ボランチ、瀬古CB
柿谷先発
キーパーはジュンス
永石、片山、ルーカス、西川、キヨ、都倉、豊川がベンチ

松本山雅
4-4-2
囲はベンチ、森下はメンバー外
ユニフォームはとてもかっこいいと思うのですが、白地に金字は見えない・・・

試合開始~15分

山雅先制 セ0-1山雅
試合開始から山雅は積極的にプレスをかけ、蹴らせたボールを回収する。
DFからセレッソのSBとFWを競らせるようにフィードを送り起点にしてSHとSBがサポートしてクロスを上げ逆サイドで仕留める形。
そのSBとFWが競った流れから田中隼磨のクロスから中で落とされてゴール。
今年の山雅はこういう攻撃がしたいのかな。という攻撃をくらってしまった。

セレッソ同点 セ1-1山雅
セレッソは山雅の2FWの脇を使い前進し、右サイドで坂元、陸が1対1を仕掛けてクロスを上げる。
陸の突破からフォアの柿谷が落としてメンデスの同点ゴール。
クロスに対してニア、センター、フォアと3枚入る形が多く作れていたので、クロス→フォア折り返し→シュートの形は多く見られるのでは。

序盤は両チーム共にバタバタした入りになった。

15〜30分

山雅は4-4-2でブロックを敷いて中を閉じる。
これを揺さぶる為に柿谷と陸がハーフスペースへ入ったり、大外の坂元の突破を生かしたり、陸下がる3バックや陸が大外、ハーフスペースに坂元の形を入れ替わりするが、飛ばしのパスがなく、山雅のスライドが間に合うので、中々崩せない。
山雅もサイドに追い込んではいるが、ボールを奪うまで行かない。
奪えても前線をSBと競らせるボールを送るがサポートがないので単発になりセレッソボールになる。

30〜45分

セレッソボランチがFW裏から前へ
2CBと2ボランチで四角形になりビルドアップしていたが、山雅のFWに消されてしまっていたので、デサバト、木本のどちらかが落ちて3枚になるが、もう1枚のポジションがFWに隠れてしまっていたので外の一辺倒に。

中を消せているので2FWもセレッソのビルドアップにプレスをかける事が出来、外に出させる事に成功し、その外も山雅のスライドが早くなっていたので、スペース、時間がなく突破できずハーフタイムに。

丸柿メンデス奥陸or坂の5レーンに配置は出来ていたが、全員がDFラインと同じ高さで、DF-MFのライン間で受ける事ができていなかった。

前半終了

後半開始~60分

後半は両チーム交代はなし。

セレッソは2CBと2ボランチでビルドアップは変わらないがボランチが1枚必ず2FWの後ろのスペースに立つ事でFWを足止めし、2CB+1ボランチの3人で回しながら、2FWの脇へ。
そこから縦パス、サイドチェンジのボールを配給するように。
瀬古、ヨニッチのフィードがバンバン出るようになった。
柿谷や奥埜がCB、SB、ボランチ、SH、の四角の真ん中に立つ事でビルドアップからのパスを受けるようになり、これでボールを起点に三角形が出来上がり、これで一気にセレッソの攻勢が強まる。

60〜75分

セレッソ追加点 セ2-1山雅
配置が変わったビルドアップからヨニッチ→外の陸からワンタッチでSB裏のスペースへ送り坂元が抜け出す。
この坂元のCB、SB、ボランチ、SH、の四角の真ん中から抜け出す動きは気持ち良いくらいにキマッていた。
その流れから丸のスーパーなゴール。

75〜終了

山雅はセレッソの形の変わったビルドアップにプレスをかけれず、スライドで対抗するもハーフスペースで受けられ、密集させられ、外に出されて広げられ徐々に連携が崩れる。

セレッソ追加点 セ3-1山雅
山雅はFWを増やしてプレスを強めるが、DFラインにできたスペースへボールを送りメンデスがPKを決めて追加点。

セレッソ追加点 セ4-1山雅
ヨニッチのボール1個分のこだわり。
今日1番印象的なプレーで余裕のある状態で蹴った陸へのパスがボール1個分内に入った為に相手にカットされると、とても悔しそうにしていた。
その次のプレーでトラップがズレてプレッシャーを受けるが狙った所へ狙った球質のパス(狙っていたと思う!)を豊川へ送り、そこからキヨがゴール。
豊川の身体の使い方上手かった。
今年のヨニッチもやってくれそう。

試合終了

序盤はバタバタしたが、終始セレッソのペースで試合が流れた。
去年のベースに+得点を狙っているのがよく分かる形が何度も見られたし、新戦力も良い選手獲ったなという印象。
京都戦もだったが、序盤のバタバタとうまく行かない時の解決策が右サイドのポジションチェンジに頼るのが気になる所。
陸の裏がめちゃめちゃ空いてる所を狙われる事にならないか。

坂元はドリブラーだが、球離れも良く、左利きだが右足も使えて宏太よりプレーの幅は広いかもしれない。
豊川は闘志を出してプレーするのでサポが沸く。
PKもあわよくば蹴ってやろうとする意思を見せていたので、奥埜とのポジション争いが楽しみ。

次はJ開幕。
セレッソは2/22ホームで大分トリニータ戦。
松本山雅は2/23アウェイで愛媛FC戦。

戦術ボード→ @jun_kanomata https://beta.tacticalista.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました