3-2-2のマッチアップ図

U-11

1-3-2-2のマッチアップ図を作りました。
もっと細かく見ていく事も出来るはずなので、考えるきっかけにならばいいなと思います。

対1-3-3-1

初期配置でハーフスペースをとる事が出来ている。
相手DFライン、中盤と数的不利になっているが、こちらのDFラインは2人余る事が出来ているのでSBの攻撃参加が重要。
ビルドアップ時に相手の左右MFが来てもキーパーを含めて4人で回せて、中DFが1列上がる事でひし形になれる。
相手FWと中DFが1対1になっているので、ここで負けてしまうと一気にピンチになる。

対1-2-3-2

相手DFと2FWで1対1を作れる。
こちらのDFも相手2FWに対して1人余る事が出来る。
中盤はハーフスペースをとる事が出来るが数的不利になるので、SBの攻撃参加かFWが落ちるかして打開したい。

対1-2-4-1

相手DFの対して1対1を作れている。
中盤で位置的有利が作れず、2人の数的不利が出来ているので、中盤を飛ばすのも選択肢にしたい。その場合は中盤がセカンドボールを前向きに回収できるポジョニングをとる。
守備時に2FWのどちらかが中盤を助けにこないとセカンドボールを回収され続ける事になりそう。SBと相手WGとのマッチアップで押しこみたい。

対1-3-1-2-1

中盤での位置的有利がなく、数的にも不利。間に入り込むようにしたい。
相手DFに対しては位置的有利がとれているので、ここを上手く使い、引きつけるか抜け出したい。
相手インサイドハーフに対してSBとMFが数的有利を作りサイドから、ナナメにFWにパスを入れて崩す事からか。

対1-3-2-2

ミラーゲーム。
個々が1対1で負けない事が重要。
お互いに最終ラインでハーフスペースを取れているので、DFの連携が上手く行かないと切り裂かれる。

コメント

  1. […] 3-2-2のマッチアップ図 8人制サッカーのフォーメーション 2-3-2編 […]

タイトルとURLをコピーしました