やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

サッカー ジュニア

8人制サッカーのフォーメーション 2-3-2編

投稿日:

1-2-3-2
日本サッカー協会が推奨しているのがこのフォーメーションで、お互いがこのフォーメーションを取れば1対1の場面を多く作る事ができ個々の選手の育成に向いたフォーメーションとされています。

11人制での1-4-3-3をベースにしている

1-2-3-2の特徴

・メリット
自然と三角形が出来る事と常にナナメのパスコースがあるため、ポゼッションしたいチーム向き。
FWが2人いるので前線からのプレスがかけやすく、相手サイドでボールを奪いやすい。
自然と良いポジションにつくので、体力に消耗を抑えれる。
センターの選手の個の能力で中盤を掌握できる。
キーパーも含めたポゼッションをしやすい。

・デメリット
自然と良いポジションになるので動きがないと停滞する。
前線からのプレスが上手く行かないとDFまで一気に突破される。
センターの脇にスペースが出来る。
前線と中盤がもどってこれないとDF2人で守備をする事になる。
選手間の距離が遠い為、カバー、フォローの意識が低いと孤立しやすい。
センターの選手がボールを扱えないと機能しない。

穴となるスペース

センターの脇とDFの外のスペース。
ここを使われてしまうとDFとセンターの選手が移動せざるおえず、中央にスペース(黒)ができてしまう。

攻撃時もFWとMFの5人が前に出るので2DFでセカンドボールを回収する事になるが、相手に奪われ、MFとDFの間を使われると前の5人を一気に無力化されてしまう。

同様にセンターの前のスペースを使われ、つり出されてしまうと背後にスペースができてしまう。

システムチェンジ

攻撃時は両サイドのポジショニングによってWFになったり、WGになったりします。
ビルドアップ時は8人制ではセンターバックがフリーになる事が重要ですが、中央をキーパーが担当する事でDFにもポジショニングを考えさせる事ができ、キーパーの攻撃参加とキックの質を求める事が出来ます。

守備時のスペースを消す為にシステムチェンジをしなくてはなりません。
スライドで誰がどこに移動するか明確にしておく事で守備時の混乱を防止します。

1-3-3-1
中盤がDFラインにおりて、それに合わせてFWも1人中盤に降ります。
ブロックを作る際に有効

1-2ー4-1
FWが1枚中盤に降りる事で中盤を4枚にします。
中盤のスペースを消すのに有効

以上が8人制サッカーのフォーメーション、1-2-3-2についてでした。

-サッカー, ジュニア

執筆者:


  1. […] 8人制サッカーのフォーメーション 2-3-2編 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアサッカー 3-1-2-1 マッチアップ図

8人制ジュニアサッカーのフォーメーション1-3-1-2-1のマッチアップ図です。 対1-3-3-1 インサイドハーフによって中盤のハーフスペースを取れていて、そのまま上がればDFラインのハーフスペース …

no image

サッカールール変更点について

各国の19-20シーズンが始まり、それに伴いルールの改正も行われました。Jリーグにも適応されているのですが、サッカーを見るにあたってこれだけは知っておくべき改正点をまとめました。 ・キックオフ時、コイ …

3-2-2のマッチアップ図

1-3-2-2のマッチアップ図を作りました。もっと細かく見ていく事も出来るはずなので、考えるきっかけにならばいいなと思います。 対1-3-3-1 初期配置でハーフスペースをとる事が出来ている。相手DF …

8人制サッカーフォーメーション 3-1-2-1編

日本のジュニアサッカーでは珍しい1-3-1-2-1。アトレチコマドリードのU-11で取り入れられて話題になりましたね。この記事は1-3-1-2-1の特徴、システムチェンジ等を解説します。 1-3-1- …

8人制サッカーフォーメーション 3-2-2編

ジュニア年代で多く取り入れられている1-3-3-1に有効なフォーメーションが1-3-2-2です。特徴やシステムチェンジを解説します。 1-3-2-2の特徴 DFに3枚、中盤に2枚、前線に2枚を配置した …