8人制サッカーフォーメーション 3-2-2編

サッカー

ジュニア年代で多く取り入れられている1-3-3-1に有効なフォーメーションが1-3-2-2です。
特徴やシステムチェンジを解説します。

1-3-2-2の特徴

DFに3枚、中盤に2枚、前線に2枚を配置したのが1-3-2-2。
前線に2枚なのでプレスをかけやすく、プレスに行かない場合もブロックを作りやすい形。
両サイドバックが攻撃参加する肩上がりの形になるか、中盤が1枚降りて、両SB を上げるSBのWG化の形で攻撃する。

白丸の選手で守備のリスク管理をする
肩上がりの2-3-2の形
SBのWG化で2-3-2の形へ

このように、攻撃時は1-2-3-2の形に近くなる。
なので、中盤の2人にどちらが落ちるのか、上がるのか意思疎通が必要になる。
SBには突破力、上下動するスタミナとスプリント力。
FWには左右にボールを引き出す動きと、中盤に落ちて引き出す両方が必要になる。
中央のDFとGKはスライドが機能しているかを見る観察力と修正力、が必要になる。

攻撃時はスライドして1-2-3-2のようになるが、守備時もスライドして322に戻らないといけないので、このフォーメーションの肝はスライドと切り替えを素早く行う事になります。

穴となるスペース

MFの両サイドと間、DF間が穴となるスペースになり、サイドチェンジするキック力のある選手が相手チームにいる場合は左右に揺さぶられると中盤のスライドが間に合わなくなる。
MF間に入れられると、MFどちらかがボールに行かないといけなくなりポジションを空ける事になりソコが空いてしまう。
DF間も同じく中央のDFが動かされてしまうとSBのスライドが間に合わない場合は失点につながりやすい。

しっかりスライドして前線からのプレスをハメれば、前の4枚が密集する事でボールを奪ってカウンターの形を多く作る事ができ、ボールを奪った方から攻める事で奪われたとしても、密集を保ったまま守備に移行する事が出来る。

システムチェンジ

前の4枚が循環する形で3-1-2-1の形になる事が出来る。
アンカーとインサイドハーフが出来るので左右の揺さぶりに対応しすくなり、よりポゼッションをする事が出来る。

アンカーに落ちずフラットに並ぶ事で1-3-3-1になる事でブロックを作りやすくする

この循環する動きはフットサルのヘドンドに似ているのでヘドンドの記事ものぞいてみてください

対3-3-1

ジュニア年代で多く採用されている1-3-3-1に強いのが1-3-2-2です。

このように初期配置で相手選手間、ハーフスペースにポジションをとる事が出来ています。
この状態でボールを回す事で相手チームに「どちらがボールに行くのか」を常に2択を迫った状態を作りだす事が出来ます。

こうなった時の1-3-3-1側が取るのは、マンマークを決めるか、フリーにさせたでた後に対応するかのどちらかになります。
マンマークを決めてくれればボールを取りにきた選手のポジションが空くのでソコをついて行けば攻略しやすくなるのです。
フリーにさせるという事はゾーンディフェンスをするという事ですが、最後には人に来るので、やはり空く場所が出来ます。
2択を迫っているのがこちらなので、「相手を見てサッカーをする」事にもつながります。

以上が3-2-2の特徴とシステムチェンジ等でした。

コメント

  1. […] 8人制サッカーフォーメーション 3-2-2編 […]

  2. […] 8人制サッカーフォーメーション 3-2-2編 […]

タイトルとURLをコピーしました