やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

J1 セレッソ

J1リーグ 第5節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪 プレビュー(セレッソ目線)

投稿日:

代表ウィークの中断がおわり、Jリーグが再開。

セレッソはアウェー仙台に乗り込みます!

3月30日 14:00 kick off
ユアテックスタジアム

通算(左仙台、右セレッソ)
11勝10分9勝

仙台ホーム
5勝6分4勝

※各チームの中断前の状況を確認しましょう。

~セレッソ~

代表ウィーク前は攻撃にも改善が見られて良い流れが作り出せていたが、結果が伴わず連敗。
守備は崩されたわけでは無いので、いかに得点するのかが課題。
ロティーナ監督の守備から入るチーム作りの形は出来てきつつ様子。
リーグ戦 1勝3敗
ルヴァン 2敗


~仙台~

開幕から浦和、横浜と苦手チームに続き神戸戦、湘南戦と4戦1分3敗。
ルヴァンは2戦2勝。
ルヴァンの勢いをリーグ戦に持っていきたい所だったが、構造的にまだ建設途中といった感じで(人の事言えないが)、左からのビルドアップ等、改善は見られるものの上手くはいっていないし、試合中の修正も中々効いていない。

※ここまでの良かった所、改善点と対策。

~セレッソ~

浦和戦の右サイド、柿谷、松田、片山のビルドアップからの崩しは柿谷を中心に松田、片山が外と内を抜け出す形で、シャドーから下りたり、外に開く動きをする柿谷が松田、片山を操る形。
恐らく、仙台はここを消しに来ると思うが消せないと思う。
神戸戦のように、イニエスタを最初は消せていても途中から自由にさせていた。
畳み掛けられるとモロさがでるので、複数得点したい。

逆の左サイドは停滞してしまい、丸橋、ソウザ、清武の狙いの意思統一が必要。
相手ディフェンスラインの裏に抜ける役割を誰が勤めるのか?
浦和戦の後半は都倉が流れる事で解決を図ったが、本来はシャドーの選手の役割でワントップがこれをすると中に人がいなくなるのでこれはさけたい。
(都倉がシャドー型の選手なので都倉をシャドーで使えば解決するのだが・・・)

両サイドのアタックはあるが、相手を開かせて中央突破が無いので崩しに関わっていない方のシャドーがどう中でフィッシュに関わるか?

守備は崩された場面はほぼなく、失点も相手のゴラッソや、個人のミス等、チームとしては防ぎようの無いものだったので失点数ほどやられている事はない。
守備はリトリートしてスペースを消すので、仙台のカウンターは発揮にしにくいので、セットプレーで失点しないようにしたい。


~仙台~

クロス上げるタイプの永戸の左CBにおく。
ここで起点を作りながら中盤、前線との連携でビルドアップから前線にボールを運ぶ。
シマオマテは中盤のフィルターとして起用しているので、永戸が最終ラインより前に上がり、シマオマテがバランス取る形にしても良いのでは。
守備のポリバレントな椎橋がいないのが痛い所。

リトリートして、後ろから繋ぐセレッソなので、ビルドアップをどこで止めるか?
また、カウンターを発揮しにくいので、どこを起点にビルドアップして崩しにもっていくのかをもっと明確にしたい。
そこで予想スタメンはこう予想してみた。


※予想スタメン



~セレッソ~

浦和戦から変更はなく、戦術の強化を図る。
右サイドに船木を使う事もアリかと思うが、松田、片山、柿谷の連携を崩してまで使うかどうか。
デサバトが浦和戦負傷交代しているが、チーム発表がないので長期離脱ではないと思う。

プランは前がかりになると弱い仙台の裏をつくので、ある程度ロングボールも使いながら押し上げる。
さらに、選手が入れ替わりながら攻撃されると後手になっていくので右の連携と左の連携で左右に振って中で仕留めたい。


~仙台~

渡邉監督は選手入れ替えを示唆しているので
吉尾を先発で起用。
シャドーの位置から相手ボランチの間から前に抜けたり、ワンタッチプレーなど、見ている所、リズムを変えるプレー等アクションを起こせる選手。
ルヴァンで結果を出している照山をCBに起用を予想してみた。
右サイドに若手を出したので、左はベテランの関口をいれる。

プランは左で永戸がボールを持つスペースを作り、関口、ハモン・ロペスと絡みながら侵入。
逆サイドの吉尾、ジャーメイン良がフィッシュする形。
左は前に出る分シマオマテがカバー、右は吉尾がフィッシュに関わるように中に動くので蜂須賀が幅と危機管理。

~最後に~
中断前は両チームともに勝ち点を積み上げれなかったので、勝ち点が欲しい所。
セレッソは点を取れば勝てるので、先制したい。
仙台はまず失点しない事。0ー0が続けば勝機はある。

~得点予想~

セレッソ 2ー0 仙台

得点者
柿谷、都倉

以上、仙台vsセレッソ戦のプレビューでした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

-J1, セレッソ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

J1リーグ 第20節 セレッソ大阪vsベガルタ仙台 レビュー

関口、奥埜ダービー! 結果は0-0のドロー。両チーム共に相手のストロングポイントを消す事に成功し、セレッソとしては勝ち点2を落とした感覚。仙台は勝ち点1を持って帰る事に成功した。 先発 開始~15分両 …

no image

J1リーグ 第18節 サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪 レビュー

結果は1対1のドロー。前半はセレッソのペースで先制するも、後半は広島ペースで同点に追いつきそのまま試合終了。 先発広島はパトリックが先発に入る。セレッソは前節と変更なし。 0~15 セレッソは守備時は …

no image

J1リーグ 第14節 サガン鳥栖vsセレッソ大阪 プレビュー

駅前不動産スタジアム 16:00 キックオフ 通算(2014年まで飛ぶので、直近2年)(鳥栖)1勝1分3勝(セレッソ)一番の直近が鳥栖ホームでの鳥栖の勝利。 ここまでのサガン鳥栖4勝1分8敗の勝ち点1 …

no image

J1リーグ 第13節 セレッソ大阪vsFC東京 レビュー

結果は1-0でセレッソの勝利。チーム全体での守備に奥埜、Bメンデスを起点に攻撃し、Bメンデスの得点、最後はジンヒョンがDオリベイラとの1対1を防いだ。 先発はこちら セレッソは奥埜をトップにいれた4- …

no image

J1リーグ第3節 セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島 レビュー(セレッソ目線)

J1リーグ第3節セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島ヤンマースタジアム長居セレッソは陸、デサバト、片山が先発。ソウザが1列前で柿谷を頂点に清武とソウザが並ぶ1トップ2シャドー。陸が右WB、片山が右CBに …