やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

J1 セレッソ

J1リーグ 第10節 松本山雅vsセレッソ大阪 レビュー

投稿日:

セレッソ大幅メンバー変更
4-4-2で前線は山雅の3CBの高さに対して、より高い都倉、メンデスの2トップ、中盤はバランスの取れる奥埜、藤田の2ボランチで、左CBには瀬古歩夢がJ初先発。

山雅はいつも通り3-4-2-1で1トップに永井を先発で起用。

~セレッソの守備、攻撃~

ビルドアップはボランチは下がらずポジションを守りながら2CB+2ボランチで松本の3トップに対抗。
後ろで回しながらSBにフィードして山雅の守備を下げさせて相手陣内へ押し込むとボランチが下がって3枚でSBがWBを引きつけてそのスペースをCBが入る。
山雅の守備は左右もコンパクトなので逆サイドのSBに展開して、クロス
シャドーの後ろにボランチの立ち位置でその高さにSB
ハイプレスではなく、3CBには持たせつつ、ボランチはボランチ、WBはSH、3トップは4バックで監視

2列目を越えて、1トップ2シャドーに入った時、奥埜、藤田の戻りが早くそこで取り返せる
ブロックの距離が良い

清武のシュート意識の向上
シュート0の事も良くあったので、良い傾向

SBは逆サイドで必ず余る立ち位置で逃げ道になる。
同サイドでも浮いたポジションで1列目を突破できる
ここにでたら、ボランチが1枚サポートする

ロングスローも多様
高い選手が多いので有効な手段は使うよ。という感じか

得点
松田が持って前向く。
都倉が受けて上がる時間作る。
奥埜、松田の抜け出し。(ココに3人山雅はつられたから、中でメンデスvs今井の1対1を作れた)
都倉のパスを水沼のワンタッチ(ココからすべてワンタッチ)
メンデスは裏にスペースができたからそこで貰おうとしていたが、ずれてマイナス気味にきた。
ココではもう山雅の選手は全員ボールウォッチャーになっていて奥埜を見る選手がいなくなっていた。
抜け出していた奥埜のメンデスのヘディングパス。
少し流れたが奥埜が中へ折り返し。(ラインをわるまでに中の状況を確認して、メンデスにピンポイントにクロス。にこれ難しいプレー)
山雅ディフェンスは人ではなくスペースを守っているので、ペナルティエリア内にはメンデス1人対3枚にはなっているが、パワーを持って走り込んでヘディングするメンデスとステンディングでヘディングする今井の競り合いになり、ゴール。

~山雅の守備、攻撃~

3-2-5でプレス、撤退5-4-1
べた引きではなく、ボールがでたら多少遠くても人に来る
左の中美、高橋はアプローチ早く前進させない。
セレッソのビルドアップに対して数的不利でプレス。
逆のサイドのSBが常に空いていたので、左右に振られる。
ボールを持っても、4-4-1-1のブロックを崩せない。
スペースがないので裏にも蹴れない。
1トップに対して2CBで対応されているのとシャドーが遠いので蹴れない。
運べても、サイドからでWB+シャドー+1トップの3枚に対して、SB+SH+DH+CBのここでも数的不利。
セレッソの守備時は都倉かメンデスが必ず残るので、繋げない時はそこにフィードするので、ハイプレスをかける前に逃げられてしまう。
そうなるとボールを持つ事は苦手としているチームなので、攻めあぐねてしまう。
ボール保持時にボランチが1枚落ちて4-1-5でビルドアップをはかる。
失点後、守備時は撤退して構える形になり、バックパスに対して出ていく。
追いかけていくが、連動せず、出たら行く、出たら行くで追い込めてない。
ロングボールで永井が収めて時間作り、WBからクロス上げるけど、5枚(1トップ2シャドー+2WB)vs6枚(SB+CB+2DH)で押し込めるけど、ピンポイントじゃないとチャンスにならない。
前半終了間際飯田を上げてロングボールが都倉が下がって対応して1枚カバーに入る。

スペースないので前田のスプリントが生かせない

後半

山雅の攻勢
前田を1トップに永井をシャドーに
ボランチ、SBと競る事でセカンドボールを回収。
永井がチャンネルで受けてボールを引き出す動きで縦パスを受ける。ボランチがいるのでここから連携できシュートまでいくように。
そのセットプレーでチャンス作る。
セレッソは狙ってフィードを蹴れていたが、狙う時間がなくなるくらい山雅のプレスが連動しだし、高い位置からのプレスになる。
セレッソはロングボールで都倉に収まると時間できて上がれる。
67分
前田と中美→ペレイラと杉本
ペレイラを頂点に左に杉本に。
永井の対応は瀬古。
球際とトランジションの戦いに。
82分
田中→岩上
押し込んだら清武がマイボールにする

得点
奥埜の中央からサイドに流れる事で相手のボランチをつり出しパスコースを作り出す動き。
奥埜はそのままゴール前まで移動する事で、相手の背後を取れる。
ゴール前にボールを入れられているので守備側はボールを見てしまう。
1得点目も2得点目も奥埜のボランチをつり出す動きで中央のパスコースを作り出す動きがあってゴール前にボールを入れて、守備側をボールウォッチャーにした事による得点。
90分
清武→田中アトム
93分
水沼→片山
試合終了。

セレッソは前半は繋ぎながら前線2枚の強みを押し出した戦術でゴールに迫った。
山雅が引いてしまったので後ろで回す事ができ狙ってフィードする事が出来たので、ヨニッチ、瀬古からしっかり組み立てる事ができていた。
瀬古は空中戦、地上戦、攻撃の起点と仕事をきっちりこなしたと思う。
前田大然はスペースが出来ず、攻撃でスプリントできず、守備もスプリントしても周りが連動しないの下がってしまった。
後半は山雅が前からプレスにきた事で狙ってフィードが出せず相手ボールにしてしまっていた。
そのプレスを抜けるのに都倉、メンデスが収める事で解決していたので、このメンバーでの選択としては正解だと思うが、これを繋いでかわせたらよりペースを握れるのだろう。

-J1, セレッソ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

J1リーグ 第21節 FC東京vsセレッソ大阪 レビュー

新ルール適用初戦北島康介が東より日焼けしてる・・・ロティーナ監督はヴェルディ時代のホーム セレッソは0-3で完敗相手を崩す為にもう1工夫が足りず得点を奪えなかった。 先発オジェソクが左SBに入る柿谷、 …

no image

J1リーグ第5節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪 レビュー(セレッソ目線)

J1リーグ第5節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪 雪の降る中での試合となったユアテックスタジアム。 先発はこちら 仙台はここまで未勝利で前節から5人を入れ替えた布陣。 セレッソは負傷のデサバトに代わり奥 …

no image

J1リーグ 第13節 セレッソ大阪vsFC東京 レビュー

結果は1-0でセレッソの勝利。チーム全体での守備に奥埜、Bメンデスを起点に攻撃し、Bメンデスの得点、最後はジンヒョンがDオリベイラとの1対1を防いだ。 先発はこちら セレッソは奥埜をトップにいれた4- …

no image

J1リーグ 第4節 セレッソ大阪vs浦和レッズ プレビュー

セレッソvs浦和のプレビューです。セレッソ目線です。もう1度言います。セレッソ目線です! ~まずはデータから~ ・通算17勝10分17敗・セレッソホームでは8勝5分9敗 ほぼ五分ですね。・走らない対決 …

no image

J1リーグ第19節 セレッソ大阪vs名古屋グランパス プレビュー

7月13日(土)ンマースタジアム長居 19:00 kick off 柿谷&長谷川アーリアジャスール、ダービー ~データ~ ・通算(セレッソ)15勝9分23勝(名古屋)・セレッソホーム 9勝3分10敗・ …