やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

J1 セレッソ

J1リーグ 第12節 ガンバ大阪 vsセレッソ大阪 プレビュー

投稿日:

パナソニックスタジアム吹田 19:00 キックオフ

通算(ガンバ)24勝8分10勝(セレッソ)
ガンバホーム 15勝2分4勝
ここ6戦では 3勝2分1勝
ガンバホームでは 2勝1勝。
(ちなみに東口がガンバに来てから負けナシらしい。)

~ガンバの現状~
リーグ戦 2勝2分7敗
今季ここまでホーム未勝利

キムヨングォンが累積で欠場。
藤春、渡邉、谷がケガ。
中村が代表で離脱。

ココ3試合は
前節サガン鳥栖戦で1-3で完敗。
FC東京戦は0-0。
ベガルタ仙台に1-2で敗戦。

上位に強く下位に弱い傾向があり、対策してきた事と違う状況になると対応に難がある。
仙台戦では仙台は4バックに擬態した3バックだったが、4バックとして対応していて、ミスマッチの所(左WBの永戸)が長い時間フリーでそこを突かれていた。
鳥栖戦では監督交代で読めなかった部分もあるが、左SHのクエンカが常にフリーでその前でつぶそうとしているようではあったが、クエンカに出てからが何もない状態で進めていたように見えた。
逆にFC東京戦では、FC東京が変わった事をしてこなかったので、対応できていたのではないか。
相手を見て対応を変える、ベンチワークやピッチ内の動きが改善すれば戦力的にも上位にくるはず。

セレッソ戦では宮本監督はメンバーの変更も示唆しているのでルヴァン組の先発起用やベンチメンバーの人選も変えてくるだろう。
セレッソは相手に合わせてマイナーチェンジするチームなので、その対応ができるかどうか。

注目は食野。
ジョーカー的に出てくると予想するがメッシーノと呼ばれるドリブルに注目したい。

~セレッソの現状~
リーグ戦 4勝2分5敗
アウェイ戦 2勝1分2敗

都倉がケガ、瀬古、茂木、西川が代表で離脱

ココ3試合では
大分トリニータ戦0-0
松本山雅戦0-2
横浜F・マリノス戦3-0
と3戦クリーンシートで2試合連続複数得点で2連勝中。
チームとしての状態は上向きで内容も完勝と呼んでよい物だった。
3バックから4バックにした事でもともと守備は固かったがそこからの攻撃に人数をかける事が出来る様になり、都倉、メンデスが前線で収めて、押し上げる事ができるようになったのが大きい。
メンバーも大幅に入れ替える事になったが競争が起きている事は良い状態。

戦術も大分トリニータの右サイドを消し、松本山雅に高さで勝ち、マリノスのSBの裏を突く、ように相手のストロングを消しながら、勝てる所を突く老獪なチームになりつつある。
ガンバ戦ではファンウィジョ、アデミウソンを消しながら、4-4のブロックの選手間が広くなりがちな所を突きたい。
試合中のシステム変更にもガンバは弱いので、3と4バック使える有利点もある。

注目は奥埜+藤田のボランチコンビ。
J屈指のコンビになるであろうこの2人。
2人とも危険な芽を摘み、簡単にうばわれない。
奥埜は圧倒的運動量でディフェンスラインを助け、そこから攻撃に絡んでいく。
藤田はセットプレーにロングスローもある。
セレッソは買い物上手なのかもしれない。

先発予想

~最後に~
ダービーは勝てば勢いづき、負ければ転がり落ちる。
なんせダービーになるとやたら強いガンバ。
順位も関係なければ、そこまでの流れも関係ない!と言わんばかりにやたら強い。
ダービーの吹田の雰囲気はスゴイ良い。
ただ、サッカーはデータじゃない!(マリノス戦はデータデータゆうたけど!)
つぶせガンバ!

-J1, セレッソ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

J1リーグ 第10節 松本山雅vsセレッソ大阪 レビュー

セレッソ大幅メンバー変更4-4-2で前線は山雅の3CBの高さに対して、より高い都倉、メンデスの2トップ、中盤はバランスの取れる奥埜、藤田の2ボランチで、左CBには瀬古歩夢がJ初先発。 山雅はいつも通り …

no image

J1リーグ 第5節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪 プレビュー(セレッソ目線)

代表ウィークの中断がおわり、Jリーグが再開。 セレッソはアウェー仙台に乗り込みます!3月30日 14:00 kick offユアテックスタジアム 通算(左仙台、右セレッソ)11勝10分9勝 仙台ホーム …

no image

J1リーグ 第20節 セレッソ大阪vsベガルタ仙台 レビュー

関口、奥埜ダービー! 結果は0-0のドロー。両チーム共に相手のストロングポイントを消す事に成功し、セレッソとしては勝ち点2を落とした感覚。仙台は勝ち点1を持って帰る事に成功した。 先発 開始~15分両 …

no image

J1リーグ第1節 ガンバ大阪vs横浜Fマリノス

ガンバは4ー4ー2 マリノスは4ー3ー3 でスタート。 マリノスは攻撃時は235で両SBが偽サイドバックの形 ~前半~ 開始1分でファンウィジョが喜田のパスをひっかけ、さらにチアゴのバックパスをパスカ …

no image

J1リーグ 第4節 セレッソ大阪vs浦和レッズ レビュー(セレッソ目線)

セレッソ先発は都倉を1トップに柿谷、清武の2シャドー。ボランチはデサバトとソウザの組み合わせ。 浦和先発は岩波を中CBにして森脇を右CB。他はACLと同じメンバー。 ~セレッソは開始から攻勢にでる。~ …