J1リーグ 第13節 セレッソ大阪vsFC東京 レビュー

結果は1-0でセレッソの勝利。
チーム全体での守備に奥埜、Bメンデスを起点に攻撃し、Bメンデスの得点、最後はジンヒョンがDオリベイラとの1対1を防いだ。

先発はこちら

セレッソは奥埜をトップにいれた4-4-1-1。
ボランチは藤田とデサバトのコンビ。
柿谷、ソウザはベンチ外(全体練習にも参加していない。)

FC東京は大きな変更なし。
出場停止のチャンヒョンスに代わり、渡辺が入る。

開始~15分
ビッグチャンスになりそうなのはFC東京。
永井をつかったカウンター。
セレッソは右サイドを中心にクロスからゴールに迫る。
キヨ、奥埜が絡むことで左サイドで密集を作り、右の陸へ展開
2トップの脇を使いながらビルドアップ。

左は木本がココに立って縦にメンデス、奥埜へ

橋本か室屋と競る事で勝てば繋ぐ、セカンドボールは前向きの3枚で回収。

FC東京のボランチは後ろ向きで背中にプレッシャーを受けバックパスは競ったメンデスがいるので奪われやすい体制陣形になる。
セカンドボールを回収して逆に降られるのでSHの移動が間に合わない。
10:00のマルの惜しいシュートは最終的にエリア内に4人とエリアの前に3人と人数をかける時の共通認識が整理されてきた。
前からハメにくると、キヨがその裏のスペースで受ける
FC東京としては中を守れば点取れないよねの対応で中はしっかり閉じる

10:58
コーナーからの永井へのロングパス。
完全に裏つかれてしまうが、3枚でケア
これが1番危ない。

奥埜が地上戦、メンデスが空中戦で押し込む。
奥埜はメンデスの周りを衛生的に動くのではなく、フリーマンに近い。(前半で6,2キロ走ってる)

15~30分
シンプルに永井を走らせるボールが多くなる
プレスの強度を上げてハメにくるが、奥埜がサイドで起点になりセカンドボールを回収するセレッソが運ぶ

30分~45分
両チーム共に、相手を崩す場面もあるが得点まで至らず、局面で負けなければ失点しない雰囲気に。

43:00のカウンター
陸のフィードから宏太キープ→キヨからサイドチェンジ→マルのクロス。
クロスに4人いるのが良い。これまで迫力のある攻撃が少なかった

前半終了
ボールを握るセレッソに守るFC東京。
セレッソは奥埜、メンデスを起点に押し込む。
セカンドボールを回収する事で自分達の時間を増やす。
FC東京はカウンターを狙いながら、持つ時間を長くした。
左サイド(陸の裏)は対応できていたが、何本かあった木本の裏(ラインのギャップができた時とオフサイドトラップミス)は危険だった。

45~60分
奥埜がCBとSBの間のチャンネルで受ける動き2連続。からのボランチの間。
立ち位置で2択を迫るやらしい動き。
カウンターでDオリベイラの個人技でゴール前まで
ヨニッチの対応も軽かったように思う。(こういうのちょっと増えた?)
遅攻の久保は危険
FC東京は裏へのロングパスで押し込んでいくが、セカンドボールをセレッソが回収するので単発に。
FC東京は縦に早い2枚なのでロングパスの後、縦に仕掛けていくので中盤との距離が空いていく。
セレッソはロングパス+セカンドボールを回収。がセットなので、中盤との距離が近くさらにサイドチェンジがくるので、各選手が最適な立ち位置まで移動する時間を作ってる。
東のあわやのシュートも久保+室屋と人数をかけた時にうまれたチャンス。

60~75分
高萩→アルトゥール
セカンドボール奪取+繋ぎ役
かなりセレッソに持たれて攻撃できなかったのとプレー範囲広くボールに寄るので、数的優位を作る

永井→ナサンホ
久保がFW、ナサンホが右SHに

75~90分
セレッソ先制
中央の藤田からの陸へのパス→早いタイミングでのクロス→森重の後ろからでてきたメンデスのヘディングシュート!

残り10分+アディショナルでの先制で、FC東京が攻勢をかける。
セレッソは大きく下がる事なく対応。

渡辺→矢島
橋本がCB、東がDH、ナサンホが左SH、久保が右SHに


キヨ→アトム
恒例のキャプテンマークリレー開始
メンデス→トシ
メンデスは足つっていた。(それぐらいの運動量にジャンプ回数+得点なのでお役御免。)
宏太→片山

片山の大外からのランニング
左足のシュートは枠外へ
(ハーフタイムのシュート練習も枠に1本も飛んでなかったぞ!)

交代したアトム、片山、トシと全員走ってくれるのが良い。
終了間際のスーパージンヒョン!
やっぱりヨニッチ軽くないか?
Dオリベイラが早いのか?

試合終了
戦術+球際で戦えるようになった。
奥埜を中心に前線からの守備が限定をかける動きで次の選択肢が限られる事で、球際にいけるようになった。
この限定する動きがあるので、中盤より後ろのポジショニングも選手間が広くなって攻撃に移行しやすくなってる。

FC東京はセカンドボールが回収できず、中盤と2トップの距離が空いて単発になっていた。
もうワンテンポ遅くして東、久保を中継して2トップでもこの2トップなら勝てるのでは。


~終わりに~

セットプレーの種類の多さ

陸はキレキレ
マルのクロスはどうした

サイドチェンジからのギアをもう1段上げる
何本かあったワンタッチのクロスとか
サイドチェンジ+オーバー&アンダーラップとか

ヨニッチ、ヘアバン

夏を迎えるにあたって、奥埜の体力は持つのか。。。
前所属は仙台で、大阪出身とはいえ仙台の方が涼しかったでしょ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました