やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

J1 セレッソ

J1リーグ 第14節 サガン鳥栖vsセレッソ大阪 レビュー

投稿日:

結果は0-1でセレッソ大阪の勝利。
メンデスの2試合連続弾を守り切った。

先発はこちら

セレッソは変更なし

鳥栖は代表離脱の松岡に代わり安在が右SHに入る。

~前半~

鳥栖のセットプレーから豊田のシュート。
豊田はクロスに対しても大外のフォアの位置に立つ事でDFがボールと同一視野に入れられない所から競っていた。
セレッソは試合通してクロスが上がる時には豊田と金崎にマークをつけた状態にする事で対応していた。

鳥栖のCBに対して奥埜がプレスをかけ簡単に蹴らせず、メンデスは最前線ではるというより少し下がってボールを受けていた。

鳥栖の2トップのプレスに対しては深い所は2CB+藤田(デサバト)+ジンヒョンの4枚。ミドルサードはジンヒョン→陸で数的有利を作ってビルドアップ。

藤田&デサバトは1枚は必ず中央に立つ。(2トップの後ろで中央のパスコース作る)
もう1枚がボールによって数的有利を作る。
基本はデサバトが中央、藤田がボールに寄る。

出口は幅を取る、宏太(陸)とマル。

ファイナルサードでは陸が幅を取り、奥埜、メンデス、宏太の3枚になりフォアのマイナスにキヨが位置して4枚でクロスを受ける。(逆サイドは宏太↔キヨ。)
または、鳥栖をサイドに寄せてから、逆の幅を取る選手にサイドチェンジから縦にスピードアップ。

鳥栖は左の三丸、原川、クエンカ。右は小林、安在、金崎のユニットで攻撃。ビルドアップに困れば前線の豊田&金崎にロングボール。

左は原川はハーフスペースに立って、三丸が大外、クエンカがギャップで顔を出す。
クエンカがフリーマン的に動いてそれに合わせて入れ替わる。三丸の左足のクロスか、押し込んでマイナスのパスから、原川の右足のクロス、クエンカの個人技からのクロスの3パターン。
右が安在と小林が同じ大外にいる事が多くポジションチェンジがあまりないので、機能不全感。

~得点~

奥埜がファールをもらう所から。
鳥栖にハメられるので木本がロングボール。
奥埜がファールをもらってマイボールにする。

木本&ヨニッチ&陸の3枚でのビルドアップに対し、豊田&金崎&クエンカがプレスに来る。
連動して、デサバト&藤田に原川&福田がつきに来る。
宏太には三丸、マルには安在、メンデス&奥埜にダブル高橋+小林がつく。

陸に入った時に豊田とクエンカがプレスのスイッチ入れる。
鳥栖としてはプレスのスイッチが入っているが福田が藤田に対し少し遠い。(1つ前にキヨが下がって受けにきた時に福田が対応してポジションを空けたので、修正する途中だったので、反応が遅れた?)

この時2CBとの間にスペースができ、ココに福田の裏を取る形でキヨが入ってくる

陸から藤田へのパス(陸へのプレスにクエンカと豊田2人が来るが、左のパスコースはクエンカが右は金崎がいたので、豊田は中央を閉めたかった。ただ陸のトラップがカンペキ。)(藤田はボールが動いている間に周囲を確認し、キヨがフリーな事を確認している。)をワンタッチでキヨへ

これで3対3を作り出した。
キヨに入った瞬間、大外をマルが走る。マルは安在の背中を取っていたので安在の反応が少し遅れる。

キヨがドリブルで前進。
メンデスが小林と高橋祐の間から高橋秀の背後を狙う。(小林はメンデスについていかないと裏ぬけされるのでついていく。高橋秀はキヨへの対応と出ると背後取られるので引きつけられ、キヨにアタックできなくする。)

奥埜がナナメの動きでメンデスと逆に動く事で高橋祐を引きつける。(高橋祐はメンデスに完全に背後を取られているので、小林に任せるしかないく、キヨにアタックすると背後を取られるので出れない。)

これで3人が中央に引きつけられた所を大外のマルへパス。
身体の向きが変わったので高橋祐がメンデスをみる事になるが、すでに前に入られている。

安在はマルに1歩遅れているので、追いつかない。

小林は奥埜が走るコースを変えたので奥埜への対応もしなければならず、コースを切れない。

マルがダイレクトで折り返しメンデスがゴール!!

相手の矢印の裏を取った良いゴール!!
パスで崩す、今シーズン取り組んできた物が形になったゴールだったのでは!?

~後半~

51分
豊田→小野。
豊田の負傷交代。

高さがなくなるが、鳥栖はあまり変わらず、左からのクロス。
遠めからでも大外を狙ってクロスをあげて、カオスを作って、セカンドボールを拾って2次攻撃、3次攻撃につなげる。

57分
安在→高橋義
ボランチに入り、福田が右SHへ

鳥栖は豊田がいなくなったので、起点が金崎へ
ロングボールに、カウンターでSBの裏のスペースへと縦横に動き回るので捕まえきれない。
セレッソはゴール前までいくも、奪われると素早く前線に運ばれ、圧縮する前に時間を作れなくなり、かなり走らされるので
76分
藤田→トシで奥埜をDHへ
中盤をスペース管理と、主導権を取り戻しにいく。

81分
小林→原

82分
キヨ→アトム
キャプテンマークリレー開始

90分
宏太→片山

試合終了
ボールを握っての攻撃で得点し、相手の長所を消してクリーンシートでの勝利。
ここまでの守備構築の時間から、攻撃の構築へ向かっている感じ。
プランAは固まりつつあるので、さらなぬプランB、Cの構築へいくのでは?

-J1, セレッソ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

J1リーグ第19節 セレッソ大阪vs名古屋グランパス レビュー

結果は3-0でセレッソの勝利。セレッソは今季ベストゲームなんじゃないか!?先制から相手の流れをしっかり耐え、追加点にダメ押しと理想的な試合運びだった。 先発名古屋は3バックを採用。右WBにマテウスが入 …

no image

J1リーグ 第22節 セレッソ大阪vsサガン鳥栖 プレビュー

F・トーレスを見るチャンス! データ通算(セレッソ)19勝4分9勝(鳥栖)セレッソホーム 13勝2勝直近3試合 2勝1勝 ここまでのセレッソ9勝4分8敗で勝ち点31の7位のセレッソ。4-4-2で組織的 …

no image

J3リーグ セレッソ大阪U-23vsガンバ大阪U-23 レビュー

U-23大阪ダービー。今回もガンバさんはたくさん応援にきていて、4755人で5000までもう少しでした。結果は4-1。もっとガンバに点が入ってもおかしくない内容で、セレッソはボコボコにされてしまった。 …

no image

J1リーグ 第12節 ガンバ大阪vsセレッソ大阪 大阪ダービー レビュー

結果は1-0でガンバの勝利宮本監督はギャンブラーでそのギャンブルに勝った。 セレッソは変更なし ガンバは福田と高尾が今季リーグ戦初出場、高江が2試合目。矢島と三浦が先発に入る。3-5-2できた ガンバ …

no image

J1リーグ 第11節 セレッソ大阪vs横浜Fマリノス プレビュー

ヤンマースタジアム長居 15:00 キックオフ 通算 (セレッソ)14勝9分19勝(マリノス)セレッソホーム 9勝3分9勝直近6試合 (セレッソ)5勝1分セレッソホーム 4勝2分 ~これまでのセレッソ …