J1リーグ 第21節 FC東京vsセレッソ大阪 プレビュー

8/3 味の素スタジアム 19:00 kick off

松田陸ダービー

データ
通算 (FC東京)9勝8分12勝(セレッソ)
直近3試合(リーグ戦)1勝2勝
FC東京ホーム 5勝3分5勝
FC東京ホーム戦績 10勝2敗(23得点10失点)
セレッソ大阪アウェイ戦績 4勝2分4勝(9得点8失点)

FC東京はホームでは引き分けがない。
直近5試合全てで失点(8失点)している。
得点すれば勝ち、出来なければ負けている。

セレッソはアウェイでは失点すると勝ちがない。
1得点だと1勝だけ。
今シーズン、クリーンシートが11回。

前回対戦
無敗街道を走っていたFC東京を止めたセレッソ。
奥埜、メンデス体制になったのはこの試合から。
ブロックを敷いて守るFC東京に対して、2トップの脇をビルドアップの出口にして攻撃の起点を作って勝利した。

これまでのFC東京
13勝3分4敗で勝ち点42で首位に立つ。
前節の清水戦はペースを握られながらもチャンスをものにいてペースを握り勝利。
久保がいなくなった事でより運動量を前面に押し出すスタイルになった印象。

これまでのセレッソ大阪
9勝4分7敗で勝ち点31で6位。
前節は仙台のブロックを崩せず、チャンスを作れても最後の精度を欠き、0-0のドロー。守備に関しては危険なシーンをほぼ作らせずに、クリーンシート数を伸ばし11にした。

展望
川崎フロンターレの中村憲剛がFC東京戦を3-0で勝利したコメントが「インテンシティ勝負に持ち込んでくる相手に対して、じゃあ何処が空いてるのかというと外が空いている。取ったら真ん中に結構入れて引っかかるのが特に多かったので。外に逃げれば1度相手はケアしてくるので。そうすれば時間が確保できるので、押し込める。押し込めてムリに突っ込まなければ向こうは引くしかないので、永井とオリヴェイラを引かせればカウンターもなかなかでない。(無理して突っ込まなければ)不用意に取られ方はしないですし、取られたとしても準備はできている。」と言っていた。
これに全て詰まっているんじゃないかというコメントですね。
いかに相手の土俵で勝負せず、こちらの土俵に持ち込むか。

先発予想

コメント

タイトルとURLをコピーしました