やぶログ

主にサッカーに関する記事をアップしています。それ以外にも観光地やアイテム等も紹介しています

J1 セレッソ

J1リーグ 第9節 セレッソ大阪vs大分トリニータ レビュー

投稿日:

結果は0-0のドロー。
トリニータは出てきた裏を狙うチームで、セレッソも同じように出てきた裏を狙っていた。
お互いにこれ以上は出ないラインを越える事がなかったのでセットプレーが得点チャンスだったが得点ならずスコアレスドロー。

先発はこちら

セレッソは大幅にメンバーチェンジ。
高木、奥埜を先発に松田、山下、木本、片山のポジションをチェンジ。

高木(「深さ」を出せるとの理由での起用)、奥埜を入れる事でプレッシングの強度を高め、松田、山下を左に配置する事でトリニータのストロングポイントの右サイドに対応する。(と思ったのですが、ロティーナ監督曰く、「左サイドで両足でセンタリングを上げる為」)

15分はセレッソペース

トリニータは前線3枚でプレスを開始する。
セレッソはボランチが下がってビルドアップの出口になるがトリニータのボランチはついてきていたので、セレッソはWBを下げてビルドアップの出口に。
トリニータのWBはライン形成を優先していたので、ココが空く。

トリニータの3枚の裏に進むと、トリニータは5-4-1に。
トリニータのボランチはセレッソのボランチに対応していたのだが、このボランチの裏で清武や奥埜が受けていた。
このスペースを作るために高木が右の前にポジションを取り2トップ+1トップ下の形になっていた。

高木が右にポジションを取っているのが、ハーフスペースで裏を狙う為。
上がってくる片山に高山がついていくと、その裏からナナメにハーフスペースに入っていく動き。それと、松田の左WB起用で「両足でクロス」の受け手が高木。
左サイドからの右足でのゴールに向かってくる軌道のクロスに福森の背後をとった高木が合わせる形。

15分までセレッソペースだったのは攻撃の形がよく即時奪回できるポジショニングのよさで、トリニータのGK高木にボールを蹴らせていたのもポイント。
トリニータはGKも含めてビルドアップするので、ココで蹴らせる事ができれば前線は藤本とオナイウに対し、山下とヨニッチで対応する事ができるので山下が左に入ったのはオナイウへの対応だったのだろう。

トリニータもボールを保持する事で徐々にペースをつかむ。

セレッソもトリニータと同じくプレス開始時は5-2-3で運ばれると5-4-1になる。
「3」のプレスは高木を中心にGKまで行く事もあり、奥埜がボランチをケアしてデサバトがバランスをとる。
このプレスをかわされると、5-4-1になり「4」の狭さを徹底する事でシャドーへのパスコースを消す。
シャドーへのパスの出し手が鈴木とディフェンスラインに落ちた島川で4-1-5になる。
セレッソの中盤の4枚の内1人がつられたタイミングでシャドーが空くのを待っているので何度も揺さぶってくる。

セレッソは中を閉じていて、時に3-3(松田、デサバト、片山)-3(清武、奥埜、高木)-1のようになり3ラインを越えれないトリニータはサイドから攻撃する。
ブロックを動かすためにトリニータは左右のCBのオーバーラップ、小塚が大外に顔を出したりとしていた。
左右のCBの岩田と福森が上がってくるが、ココに松田、高木が出ていくとトリニータのWBに左右のCBがついて行かないといけなくなり、トリニータのシャドーが裏に飛び出す。するとヨニッチが対応に行くと藤本が空いてしまうので、5枚はしっかりとラインを作る事を意識していた。

セレッソがこの対応をするので、外からのクロスになるので中の3CBで十分対応できていた。

30分ごろからセレッソも奥埜がディフェンスラインに入って4-1-5になり保持するようになりペースをもどしつつも、双方攻め手なく、前半終了。
試合通して、奥埜は攻守に活躍した。
走行距離は13,628キロでポジションを守りながら、前線と連動したプレスで中盤で前田、島川をマーク。
攻撃でもビルドアップのスタートから出口までこなし、この試合MVP級の働き。

後半
トリニータの4-1-5に対して「1」の前田に対して奥埜がつくようになる。

58分高木→柿谷
柿谷は1トップ2シャドーでトリニータの2、3列目の間にポジションをとり、ココを経由する事してボール保持。
この選手交代で背後を狙う「深さ」をとる動きがなくなる。

トリニータのゴールキックでオナイウを清武の背後で受けさせる動きが増える。
最初からついて行ってしまうとディフェンスラインのギャップができ、行かないと、そこから崩されてしまうので、山下の対応は良かった。

72分
小塚→ティティパン
オナイウが左シャドー、ティティパンは右シャドー。
小塚の役割をティティパンが左右を入れ替えて行う

78分松田→水沼
片山が左WBに水沼は右WB

80分
高山→三竿

ココでオープンになりだすが、お互いに「出てきた裏」を狙っているので、しまった展開のまま。
個で上回るセレッソが攻め込んでいた。

86分都倉→メンデス
オナイウ→後藤
とアタッカーを投入するが、試合終了

セレッソは開始15分で点を取れていれば・・・
という展開になってしまった。
トリニータの攻撃は良く抑えれていたが、今季のトリニータは去年対戦したチームには分が悪いので、ロティーナ監督がいるセレッソとのドローはセレッソ的には合格点ではないか。
得点の部分は今回は「深さ」というワードが試合前にでて、試合後は「スピード」というワードがロティーナ監督から出ている。
相手CBの裏や中盤でスペースを作る引っ張る動き。
単純に足の速さではなく、パスのスピードやチームとしてのスピードの上げるタイミングを強化していくのだろう。

次節、松本山雅戦。
その「スピード」のあるチームとの対戦で狙った得点をとれるか。

-J1, セレッソ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

J1リーグ第1節 セレッソ大阪vsヴィッセル神戸

Jリーグ開幕戦 セレッソ大阪第1節 vsヴィッセル神戸 セレッソ大阪は3ー4ー2ー1 船木が右WBでJ1デビュー 奥埜がセレッソデビュー ヴィッセル神戸は4ー4ー2(中盤ダイヤモンド) ビジャがJリー …

no image

J1リーグ 第7節 セレッソ大阪vsコンサドーレ札幌 プレビュー

ここまで2勝1分3敗で11位のセレッソ大阪。ヤンマースタジアム長居に2勝4敗で15位のコンサドーレ札幌を迎え撃つ。ここ3試合で勝ち点を4積み上げたセレッソに対し、札幌は3連敗。さらに複数失点しておりチ …

no image

J1リーグ第5節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪 レビュー(セレッソ目線)

J1リーグ第5節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪 雪の降る中での試合となったユアテックスタジアム。 先発はこちら 仙台はここまで未勝利で前節から5人を入れ替えた布陣。 セレッソは負傷のデサバトに代わり奥 …

no image

J1リーグ 第18節 サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪 レビュー

結果は1対1のドロー。前半はセレッソのペースで先制するも、後半は広島ペースで同点に追いつきそのまま試合終了。 先発広島はパトリックが先発に入る。セレッソは前節と変更なし。 0~15 セレッソは守備時は …

no image

J1リーグ第19節 セレッソ大阪vs名古屋グランパス プレビュー

7月13日(土)ンマースタジアム長居 19:00 kick off 柿谷&長谷川アーリアジャスール、ダービー ~データ~ ・通算(セレッソ)15勝9分23勝(名古屋)・セレッソホーム 9勝3分10敗・ …